free dial 
open am11:00〜close pm 7:30 wednesday closed


HELINOX TABLE(ヘリノックステーブル)/TACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコード)/TACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコード)
商品画像1 商品画像3 商品画像5 商品画像7
商品画像2 商品画像4 商品画像6 商品画像8
ブランド:TACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコード)
HELINOX TABLE(ヘリノックステーブル)/TACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコード)
販売価格:23,100円(税2,100円)

TACOMA FUJI RECORDS(タコマフジレコード)から、HELINOX TABLE(ヘリノックステーブル)が入荷しました!HELINOXとのスペシャルコラボアイテム!ちょっとビンテージっぽい配色と機能性の高いプロダクトのアンバランスさ、オリジナリティと敷居の低さのバランス!大きなビジョンとディテールへのこだわり!アウトドアの場面ではもちろんのこと、お家でも◎同デザインのコットチェアとご一緒にぜひ!

1967年に撮影されその後世界中で論争を呼んだ、現存する唯一のビッグフットを捉えた通称「パターソン・ギムリン・フィルム」。ワシントン州タコマ在住のJack Ameche(ジャック・アメチー)は幼少期に見たそのフィルムの衝撃が忘れられない。「一度でいいからビッグフットと会いたい」
アウトドアが趣味だった父の影響もあり、ジャックは10代になると友人と連れ立ってビッグフット探しと称して毎週末キャンプに繰り出すようになる。地元の大学を卒業後、アウトドアショップに勤務していたが、趣味と実益を兼ねて始めたブリュワリーで提供していたBIGFOOT IPAがまさかの2016年のベストビールに選出された事により巨万の富を得たジャック。その私財を投入して始めたのは原点回帰、憧れのビッグフットに会う事(決して捕獲や捕殺が目的ではない)を目的としたBIGFOOT SURVEY PROJECTだった。ビッグフットが住むと言われるエリアはHOUSE OF THE HOLY(聖なる館)と呼ばれ、その呼称はプロジェクト従事者に支給されるアウトドアギアの名称となった。同プロジェクトの注目度が上がる中、HELINOX社支給のギア自体も注目されることとなり、一部プロダクトが流出。オークションサイトにて高値で取引される事態を重く見たBIGFOOT SURVEY PROJECTとHELINOX社の英断により、この度ごく少数ではあるが周辺プロダクトと同時に正式に商品化されることとなった。 *商品の販売は本当ですが、このバックグラウンドストーリーは200%フィクションです。


カラー:Vintage Glacier Blue × Coyote Brown
素材:[フレーム素材] 金属(アルミニウム合金)、樹脂 [ヒンジ先端部素材] ナイロン [シート材質] ポリエステル
表面加工:フレーム(アルマイト)
重量:本体 800g / 総重量 935g
耐荷重:50kg


※ こちらの商品は、通販以外に実店舗でも販売を行っておりますので、常に在庫が変動しております。
※ ご注文の際に、入れ違いで在庫切れが生じる場合がございます。 ご了承ください。

※ こちらの商品の取り扱い店舗は、富山県富山市の「インディゴ・ノヴェルスタンダード」です。
※ 当店の詳しい情報をご覧いただけます。 →  コチラから >>


 ブルー×コヨーテ
ワンサイズ/ 使用時 幅57cm 高さ38cm 奥行40cm 収納時 幅43cm 高さ13cm 奥行11cm23,100円(税2,100円)
SOLD OUT
SOLD OUT
この商品について問い合わせる




STYLE BOOK